読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中高生のピロリ菌検診拡大…「将来への贈り物」

これから、徐々に各自治体でピロリ菌の健診を行う自治体が広がるらしいです。

特に、佐賀県では知事が胃がんを経験したために、中学3年生を対象にピロリ菌の健診と除菌を始めました。

私も、3年前、冬に食べ物を食べるとすぐ、嘔吐をしたため、(食事中の方すみません)病院へ行って、胃カメラを飲み、検査を行ったところ、ピロリ菌があると診断され、一週間、除菌のため、薬を飲み続けました。この薬は保険が適用されます。除菌のための薬を飲むと気持ちが悪くて仕事ができず、寝込んで仕事を休んだ経験があります。一週間後、病院で看護師さんがピロリ菌が体内に入ってないか検査をするために

風船をふくらます。検査を行いました。結果は100%除菌されていました。

今回、自治体がピロリ菌の健診・除菌を行う取り組みは税金で賄われるので非常に良いことだと思います。群馬県にも広がってほしいと思います。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170304-00050118-yom-sci