今日は、家でもやし焼きそばをつくりました。

今日は、家でもやしやきそばを作りました。昔、調理実習でならったもやし焼きそばを作ることにしました。ふだん、私は、焼きそばは好きではないのですが、特に、麺が苦手であまり、口にすることはないので、調理自習でならった。もやしを使った焼きそばの作り方を思い出して、作ってみることに、画像がなくてすいませんが、今回、私は、焼きそばを作るのが初めてで、どうなることかと思いましたが、作ってみると意外と簡単でうまく作ることができました。もやしのシャキシャキ感と麺の柔らかさがマッチしててとててとてもおいしかったです。もやしと麺が絶妙に合うの

とてもおいしかったです。これで、麺が苦手だったのが、今回のもやしやきそばをつくったことで克服できました。今度、機会があったら、また作りたいと思います。

また、もやしはいつも、安い価格で売っているので経済的なので助かります。

私は普段はもやしは買わないのですが、これを機にもやし焼きそばを再びつくるためにもやしを買おうとおもいます。もやしは安いうえに栄養価が高いらしいので、しかも、様々な料理にもあうので活用 しようかと思います。例えば、野菜炒め、サラダ、ハンバーグステーキの付け合わせにも使えることもあります。You tube  で見たステーキハウスのメニューのステーキの付け合わせにもやしが使われていることを発見した私は今度から家でステーキを焼くときに付け合わせにもやしを使いたいと思います。

それは、なぜ、知ったかって、それは you tube で見た ステーキ タケルのお店のステーキの付け合わせとして使われているのが もやし だとわかったからです。

熱い肉汁を含んだステーキソースに絡められたもやしはおいしいだろうとおもったので

今度、機会があれば、そのステーキ店に行こうかと思いました。

もやしは私の好きな野菜の一つです。口に含むと シャキシャキ音がするので、野菜を食べてる感じがするので好きです。それに加えて、焼きそばのそばはスープがないので

好きではないのです。なんか、口に含むと ぱさぱさして好きではないのですが・・・

しかし、そこで、もやしと一緒に炒めると焼きそばのぱさぱさ感が軽減され、もやしのシャキシャキ感が加わるのでその分食べやすくなります。これが、他の野菜だと、たぶん、ピーマンや、ニンジンだとだめなのです。それは水分が足りないから、もやしにはある程度、細長い白い部分に水分があるのでシャキシャキ感がでるのです。だから、私は、もやし焼きそばが好きです。