ピアノレッスン

皆さん、こんにちは。映画の時間です。今回はジェーン・カンピオン女流監督の作品映画アカデミー賞受賞、ピアノレッスン です。

口のきけないピアノの得意な子持ちの女性エイダはスコットランドから娘、フローラをつれ ピアノと共に、結婚のために、ニュージーランドに嫁いだ。

エイダは夫になるスチュアートにピアノを運んでほしいと筆談でお願いをしたが、重いという理由で断られる。あるひ、エイダは原住民と交流があるベインズという男にピアノがある砂浜に連れっててもらい、ピアノを弾く。ベインズはエイダが弾くピアノが気に入り、夫のスチュワートにエイダにピアノのレッスンをしてもらいたいとお願いをする。エイダは断るが、スチュワート押しが強いのでいやいや承諾することになる。

それから、エイダとベインズ二人のピアノレッスンが始まるが、ベインズは彼女のピアノを習わず、彼女の音楽を聴いているだけ。ベインズは取引を始める。白い鍵盤の数だけレッスンに来てほしい。1回くれば、ひとつずつ鍵盤がエイダのものになるというのである。 ピアノを取り戻したいエイダはその取引を受け入れることになる。ベインズは白鍵で数えようといいます。エイダは白鍵の半分の数しかない黒鍵の数で数えることを主張。ベインズは折れ、黒鍵の数で数えることになった。

翌日、ベインズがピアノのペダルを踏むエイダの足元に潜り込んでくる。

そして、エイダに上着を脱いでくれたら2つの鍵盤を君にあげようと言ってくる。エイダは取引に応じて、上着を脱ぎ、ベインズはエイダの腕に触れるのだった。

次のレッスンの日には5つの鍵盤をあげるから、隣に横になってくれとベインズに要求され、エイダはそれに応じた。その次のピアノ・レッスンの日、ベインズの元気がない様子。エイダはいつものように曲を弾きはじめますが、ベインズの様子が気になって仕方がない。

ベインズがいつの間にかいなくなってしまったことに気がついたエイダはカーテンの裏をそっと覗きこみました。すると、そこには全裸のベインズが立っていて、10の鍵盤をあげるからエイダも服を脱ぐように求めてきたのだった。

一方、エイダはピアノ・レッスンの間、娘をベインズの家には入れないようにしていた。娘が来ても、外で遊ばせ、決して中にはいれなかった。それまで毎日、片時も離れずに母と過ごしてきた幼いフローラは面白くなく、スチュワートに不満をもらす。「全然ピアノを弾かない時もあるのよ」というフローラの言葉に、スチュワートはエイダとベインズの関係に一抹の疑念を抱き、「次のレッスンはいつ?」とフローラにたずねるのだった。

翌日のピアノ・レッスンで、ベインズはエイダにピアノを返すと言いだす。スチュワートはピアノがベインズの家から運び出されているのを見て驚き、慌ててベインズに取引をホゴにするつもりか、と問い詰めますが、ベインズは「土地は君にあげる、あのピアノはただで奥さんに返すんだ」と言った。スチュワートはようやく納得し、家にピアノを入れることになった。

再び母に置き去りにされた娘のフローラはかんかんに怒って森を歩いているとスチュワートに出会う。スチュワートはフローラからベインズの家にエイダが行ったことを聞き、ベインズの家に向かう。そして、壁の隙間からのぞき、2人の関係を知ってしまう。彼はベインズの家の床下に潜り込み、全てを聞いてしまう
 翌日もベインズのところに向かおうとするエイダは待ち受けていたスチュワートに見つかり、捕まってしまう力づくで思い通りにしようとするスチュワートから逃げようとするエイダ。そこにフローラがエイダを呼びに来ることになる。

家に帰ったスチュワートは家のドアや窓を木材でくぎ打ち。ドアには外からかんぬきをかけて母子を家の中に閉じ込めて、外出できないようにしてしまう。真っ暗な部屋の中、夜中に起き出してピアノを弾き出すエイダ。「寝たままピアノを弾いているの」。そうフローラは起きてきたスチュワートに言うのだった。

 翌日、スチュワートの叔母がやってきて、ベインズが出て行くそうだとスチュワートに話す。そっと席をたち、ピアノを弾くエイダ。その曲は暗く、わびしげな調べだった。その夜、初めてエイダは夫の部屋に行き、夫のベッドに入る。しかし、スチュワートはエイダの心を感じ、「僕が嫌いなのか?」とたずねるのだった。

 翌朝、娘のフローラを抱きながら寝ているエイダに眩しい陽の光が差し込む。スチュワートは窓をふさいでいた角材を取りはらったのだった。「そのうち僕を好きになるさ」と言い残して出かけて行く夫を見送ったのち、エイダはベインズのメッセージが彫られたピアノの白鍵を取り外し、反対側の側面に"ベインズ 私の心はあなたのものよ、エイダ"と彫り込み、ハンカチにむ。
 エイダは家の周囲で遊んでいた娘のフローラにその包みを渡し、ベインズに持って行くようにと言いつける、フローラは嫌がったがエイダは強引に娘に言い付けるのだった。
 フローラはその包みを持って歩き出しますが、行った先はスチュワートのところ。スチュワートは包みを開け、慌てて山を降りてエイダのところへ駆けつけてきた。
斧を振りかざし、エイダに怒りをあらわにするスチュワート。ついには妻の指を斧で落としてしまう。そして、その落としたエイダの指を白鍵のかわりにエイダのハンカチに包み、フローラに握らせてベインズのもとに届けるように言いつけるのだった。
 フローラは泣きながらベインズの家まで走っていった。血のにじんだハンカチをベインズに渡し、声をあげて泣くフローラ。ベインズは「やつの頭をかち割ってやる」と怒りをあらわにするが、フローラは「ママの指が落とされるわ」といって泣き叫ぶのだった。
その夜、フローラとベインズが並んで寝ているところにスチュワートがやってきた。そして、「エイダと2人で去って行け」と告げるのだった。

翌朝、出発することになったエイダとフローラ、そしてベインズは再びあの海岸にやってた。ベインズはエイダのピアノを船に積もうとするが、船は原住民のカヌー。ピアノの重さは命取りになると原住民の男に警告されるが、ベインズは頑としてきかず、ピアノが積み込まれる。

 出航した一行は穏やかな航海を続けるが、エイダがピアノを海へ捨ててほしいとメモを書いてベインズに伝えた。ベインズは考え直せとエイダに言うが、彼女の決心は変わらなかった。木箱に入れられたピアノは海に投げ捨てられた。そのとき、ピアノを結びつけてあったロープがエイダの足にからまり、足を取られたエイダも海に沈んでしまう。青い海、沈んでいく木箱。ゆらゆらと漂いながら沈んでいくエイダ。このまま、海の底へと行ってしまいそうになったそのとき、エイダは足のロープをほどき、海面に浮上してきました。船の男たちにより船上に引き上げられたエイダは死んだかのような様子で倒れたまま

 エイダは今、ニュージーランドの北の町でピアノのレッスンをしながら、ベインズとともに幸せに暮らしている。そして、夜、眠るときには海に沈んだピアノとその上に浮かぶ自分の姿を思い浮かべるという。

という内容です。ピアノレッスンというと マイケル・ナイマン作曲の The Heart Asks Pleasure  楽しみを願う心 が有名ですよね。ピアノレッスンのテーマ曲です。

よく、現代音楽集に載っていたりもします。機会があれば、聞いていただければ幸いです。

 



 
 
 



 

 

カナダ留学のススメ

皆さん、こんにちは、今回は、カナダ留学を案内をしようとおもいます。

皆さん、カナダにはどんなイメージがあるでしょうか?

ナイアガラの滝、ホエールウォッチング、ロッキー山脈など、いろいあると思います。

そうです。カナダは山のある田舎です。

今回は、カナダの留学について、案内をいたします。

カナダは安全な国で自然災害もなく、水道水もそのまま飲めます。

カナダは、人種差別が少なく、英語が自信がなくても、安心して生活ができます。

また、カナダは英語圏ではかなり物価が安い国です。学費も安く、家賃や生活費なども安めですので、

留学費用をイギリスやアメリカ、オーストラリアなどの英語圏に比べて 3-5 割程度抑え

ることができます。特に食材は無税なため、自炊することで生活費を節約できます。

例えば 1 人部屋のシェアハウスで 1 ヶ月の家賃が 3-5 万円程度となります。この金額は

アメリカやイギリス、オーストラリアの半額程度です。

食事は自炊をすればかなり抑えられ、留学生の平均的な 1 ヶ月の食費は 2-3 万円程となっています。

語学学校の学費も安く、4 週間で 7-11 万円程度とこちらも他国に比べ 3 割から 5 割程

度安くなっています。

家賃・授業料を合わせますと、カナダ留学の 1 ヶ月あたりの費用は平均 15-20 万円程

と、今話題のフィリピン留学(同条件で約 18-24 万円) よりも安い程で、皆さんが想

像する金額よりもかなり学費を抑えて留学ができる国です。


高い教育水準を保つカナダは、欧米圏の大学への進学を目指す方に最高の環境を提供し

ています。
その理由として、世界トップクラスの教育を誰でもリーズナブルに受けられる点が挙げ

られます。

カナダへの進学で唯一確実に必要なのは英語力のみで、英語力さえあれば誰でも世界最

高水準の教育を受けることができます。

アメリカ、イギリス、オーストラリアの大学に比べて学費は半額以下となり、費用面で

英語圏でトップクラスです。

また英語力を上げるため多くの留学生が通う私立語学学校でも進学準備コースが開設さ

 

れ、進学に向けて語学力を高めるための環境が整っているだけでなく、大学やカレッジ

 

提携を結美条件付き入学が可能な学校も数多くあるため、語学留学から確実に進学する 

ことも可能です。経済的にも恵まれており求人が多く、様々な国から移民や留学生が集

 

まるカナダは、ワーキングホリデーでお仕事が見つけやすい国です。

カナダのサービス業の平均時給は 1,000-1,500 円程度 (※州により異なります) で仕

 

事も見つけやすいため、働きながら生活費+学費を稼ぎ、パートタイムで学校に通う方

も多いです。

一般的にワーホリビザでの仕事探しは、レジュメを直接お店に持ち込んで直接オーナー

 

と交渉する、オンライン上の掲示板で探して応募する形が主流となりますが、最もおす

 

すめなのは学校通学期間にたくさんの友達を作り、友達からの紹介で仕事を見つけるこ

 

とです。ワーキングホリデーの方でカナダで学校に通う目的は、こういった留学生同士

 

のコネクションを作り、より良い仕事を見つけるだけでなく友人を通じてたくさんの情

 

報を集め、カナダをより楽しむことです。

語学力に自信がないから仕事が見つけられるか不安という方、お仕事探しでのポイント

 

はお友達をたくさん作ることです。友達からの紹介で仕事を得ることができるため、仕

事探しは想像しているよりも簡単です。

皆さん、カナダに行きたくなりましたが、もし、カナダに生活するようになったら、現地のエージェントが各都市にありますので、相談できます。

 

 

太陽と月に背いて 原題:Total eclipse

皆さん、こんにちは、レオナルドディカプリオの若い時の映画をご紹介いたします。

その映画は太陽と月に背いて 原題Total eclipse でございます。これは、フランスの詩人アルチュールランボーと初老の詩人ポール・ヴェルレーヌとの禁断の恋愛をテーマにした映画です。

内容はこうです。

アルチュールランボーは北フランスのシャルルヴィル生まれ、ランボーは当時有名だったヴェルレーヌ宛に何通もの詩を送っていました、ヴェルレーヌランボーの詩の才能をみてパリに呼び寄せます。その時に書いたのが「酔いどれ船」であり、ランボーはパリで有名になってゆきます。このとき、ヴェルレーヌは16歳のランボーに恋にドツボにはまっていくのでありました。わずか3カ月で二人の関係は世間に知れ渡ってしまいます。ランボーは相変わらず素行不良、ヴェルレーヌランボーにデレデレ。

文壇のパーティに連れだって出席しようとしてつまみ出されたり、アブサンを飲んだくれて乱痴気騒ぎをしたりしてました。

ヴェルレーヌには奥さんがいましたが、妊娠しており、ヴェルレーヌランボーから取り戻そうとしましたが、失敗し、結局は離婚してしまします。

二人のカップルライフは、あんまり幸福じゃなく終わりを告げました。
へべれけに酔ったヴェルレーヌが、口論の末にランボーの手首を撃ったのです。手から血を流すランボーヴェルレーヌは平伏して謝り、「自分を撃って、殺してくれ!」と懇願します(ドメ夫の典型的な態度)。しかしランボーがとりあわなかったため、ヴェルレーヌは再び逆上してランボー銃口を向けます(ますますドメ夫の典型的な態度)。仕方なくランボー君は警察を呼んで、ヴェルレーヌ御用となったわけであります。二人の恋は、二度と元には戻りませんでした。ヴェルレーヌの禁固2年の刑期終了後に二人は再会しますが、この時にも壮絶な口論となり、ケンカ別れ。ランボーは詩作をプッツリとやめてヨーロッパを放浪した末、昔から憧れていたアフリカに渡ってしまいます。エチオピアで武器商人などをしながら暮らしますが、膝を癌に冒されマルセイユに戻り足を切断。しかし、ガンは体中に転移していて37歳でこの世を去ります。レオナルドディカプリオが一糸をまとわぬ姿で体当たりで演じています。このころの、レオナルドディカプリオは美しかった。

カナダのドーナツ屋さん

私がカナダに留学しているとき、よく行っていたいたのが、安くておいしいドーナツやさん TimHortons ( ティムホートンズ)です。ドーナツ一個 1カナダドル以下で買えます。私が好きなのは ハニークルーラー、カナディアンメープルです。ハニークルーラーはミスドフレンチクルーラーをもっと甘くしたものです。カナディアンメープルは穴の入ってないドーナツにメープルシロップをかけたものです。とても甘いです。

もともと、Tim hortons は Tim horton というカナダのアイスホッケー選手がドーナツやさんを立ち上げたもので、その後,Timhorton は事故死してまいますが、そのあとに次いだ警察官がドーナツやさんをフランチャイズ化し、カナダ全土もしくはアメリカに一ぶの地域に広げました。なお、Tim hortons はドーナツだけでなく、サンドイッチ、スープもお手頃価格で売っております。Tim hortons はカナダで人気のドーナツショップです。私がカナダの田舎に滞在したときにもそこにもTim hortons があり、ホームステイ先のホストファーザーがバス停まで迎えに来てくれたときその途中でTIMHORTONS に立ち寄ってくれ、ドーナツをおごってくれたときはほんとにうれしかったです。また、パーティーの前にもドライブスルーでホストファーザーがTIMHORTONS でホストファーザーのタンブラーに店員さんがコーヒーを注いでたのが驚きました。ここで私が知ったのはTIMHORTONSはカナダの生活に欠かせないものだとわかりました。私は、カナダに滞在していたとき、いつも,TIMHORTONS にお世話になっていました。なにしろ、自分の力でお金を貯めてきて留学してきた貧乏留学生だったもので、お金を一ドルたりとも無駄にしたくなかったためです。なので、他の国の留学生は親がかりできているために贅沢をしていました。なので、私は、何か外食といえば、スタバではなくて、いつもTIMHORTONS でした。TIMHORTONS はいつもカナディアンでいっぱいでした。私はコーヒーは苦手なので、飲めませんが、カナディアンがいつも注文する飲み物と言えば ミルクとサトウを2倍にしたコーヒーダブルダブル

でした。私はそれでも、コーヒーは飲めませんので、注文はしませんでしたが、かなり甘くて、おいしくて、カナディアンの間で人気らしいです。

しかし、秋のカナダは最高でした。

 

 

愛をよむひと The reader

この映画はナチス・ドイツ国家の時代に起きた物語ですが、学生のミヒャエルが母親と同じぐらいの女性との恋愛をした経験を書いた物語です。私は、青年時代のミヒャエルを演じたDavid Kross (ダフィット・クロス)が好きでした。

ある日、気持ち悪くなって、道に吐いてしまった、青年ミヒャエルは、婦人に助けられる。後日、お礼を言いに花束を持って婦人の家に行き、婦人の裸を見てしまい、そのまま帰ってしまう。そして、後日、また、改めて、お礼を言いに婦人の家に行ったが、ストーブをつけるための、石炭をもってこさせるようにいわれ、顔が炭だらけになってしまう、ミヒャエル。婦人はお風呂にはいりなさいと言われ、お風呂にはいったところ、婦人の肌の感触があり、そのまま、婦人と関係をもってしまう。それ以来、学校が終わり、ミヒャエルは婦人の家に行き、関係をもつ。ある日、ミヒャエルが本を読んでいると、本の朗読をしてほしいとミヒャエルに頼む。そして、婦人とミヒャエルの朗読者と

聞き手の関係が始まった。その後、婦人はバスの車掌から事務職への異動があった、

けれど、婦人はその仕事を断り、バス会社をやめて、ミヒャエルの元を去ってしまう。

大学生なったミヒャエルは、法学部に入り、弁護士を目指すようになった。

ある日、法廷での実習でどこかでみたことのある婦人が法廷の前に立っているのを発見した。そうだ、あの婦人だ。彼女はバス会社を辞めて、秘密警察の看守に入っていたのであった。彼女は字が読めない、書けないので、囚人たちに朗読をしてくれる代わりに

良いベッド、良い食事を与えていたそうだった。しかし、他の看守たちは婦人のことを

彼女がすべて悪いということを責任をなすりつけた。裁判官は証明させるために、字が書けるのかを証明させるために、ペンと紙を渡し、字を書くようにと命じた。婦人は

文盲だと認めたくないために私がやりました。と認めたのです。婦人は無期懲役となりました。それから、中年になった、ミヒャエルは、同じ法学部の学生と結婚し、子供も生まれ、離婚し、今は一人で、弁護士として生活していました。彼は少年時代につきあってた婦人のことを思い出し、婦人に言葉を覚えさせるように定期的にカセットテープとラジカセを送り、ミヒャエルが自分の声で録音したカセットテープを送りました。

婦人はこのカセットテープを楽しみにし、カセットテープに録音してある内容の本を刑務所の図書室で借り、言葉を覚えてきました。

そして、模範囚として、刑務所から出られるようになり、面会もでられるようになるその直前に婦人は彼女の部屋で自殺をしてしまいました。

婦人の部屋には 看守時代にユダヤ人の親子火事があった教会を脱出した事件について、その証拠として、ブリキの缶がありました。その中にはお金も入ってました。

そこには、手紙があり、ユダヤ人の親子にわたしてくださいとつづってありました。

ミヒャエルはそのブリキの缶をもって、NYに飛び、ユダヤ人の親子の子供に会いにいきました。彼女は大人になっていて、ブリキの缶だけをいただきました。

そして、月日がたって、ミヒャエルの娘と一緒に婦人のお墓に行き、娘はたづねました。誰のお墓なの?これは、お父さんが良く知っている人のお墓なんだよと。

<長文失礼いたしました。>

 

 

 

 

ヴォバリー夫人

フランスのギュスターブ・フローベルの作品です。あまりにも内容が過激すぎて、裁判にもなったそうです。結局は、勝訴して、発刊になったそうです。

修道院で過ごす夢見がちな修道女エマは、お金持ちと結婚することを夢をみていたそうです。結局、年上の医師と結婚することになりました。しかし、エマが描いていた生活とは裏腹に質素な生活で夢は打ち砕かれ、夫の医師との生活に辟易していました。

ある日、知人の紹介で、レオンという青年に出会う。しかし、お互いに思いは実ることなく彼は都会へと去っていってしまう。ほどなく、資産家のマルキと出会う。彼はエマを気に入り、口説き、関係をもってしまう。しかし、マルキは、飽き性のため、旅にでてしまう。医師とエマ達はルーアンに引っ越すことになる。そして、偶然に青年レオンと出会う、医師にピアノの練習と嘘をついて、レオンとの逢引きが始まる。しかし、

それは、長くはつづかなかった。なぜなら、レオンの上司がエマと付き合うとクビにすると言ったからだ。仕方なく、レオンはエマと別れを告げた。その間に、エマの借金は増え続けていった。旅から戻ってきた、資産家マルキに借金の返済をお願いをしたが、

答えはNOだった。エマは、家に戻り、薬箱から、砒素を持ち森の中で飲み干し、自殺してしまうのだった。

ヴォバリー夫人はDVDで初めて、見ました。でも、レオン役のエズラ・ミラーがかっこよかったです。でも、彼はゲイだそうです。

でも、この映画はほんとによかったです。Amazonで買いましたが、買ってよかったとおもいました。ヒロインのミア・ワシコウスカが美しかったです。あと、フランスの昔のドレスもよかったです。ミア・ワシコウスカは 以前、アリス・イン・ワンダーランドのヒロインを務めた役者さんです。彼女は、変わった映画に出演しているのですが、やっぱり、アリス・イン・ワンダーランドが似合ってます。

この、ヴォバリー夫人はアリス・イン・ワンダーランド2以前の作品に出演した映画です。私は、ヴォバリー夫人はマンガで見たことがあるのですが、映画でも見たいと思い

Amazonでこの映画を買いました。この映画はやっぱり、過激な描写があるものも

ヒロインのエマはやっぱり、わがままだなーと思いました。旦那さんや娘さんがかわいそうだと思いました。マンガでは娘がいることになっている。でも、自分の欲望にむかって全力で行動する。ある意味、人間らしさを感じます。

 

ボヴァリー夫人 [DVD]

 

 

 

ジェーン・エア

私は、イギリスの文学の中でブロンテ姉妹の長女、シャーロット・ブロンテが書いたジェーン・エアが好きです。なぜかというと、当時、イギリス社会が女性を低い地位に

置かれていたため、ジェーン・エアの小説の発刊において、女性が自立できる社会に

なる第一歩となったのでした。まさか、当時の人々が女性が小説が書けるとは思っていなかったのです。物語はこうです。

ジェーン・エアは両親を亡くし、親戚のおばの家に引き取られるが、折り合いが悪く、

孤児院に引き取られる、そこで、ヘレンという女の子と友達になるが、彼女は結核にかかって、間もなくなくなってしまう。成長して、18歳になり、ジェーンは、家庭教師として、ロチェスター家に迎えれる。主人のロチェスターと恋仲となり、結婚をしようとするが、彼には、精神病の奥さんがいることがわかってしまう。ジェーンは失意のどん底ロチェスター家を離れる。嵐の中、荒れ地をさまよっているところ、助けられるが、そこの主人に結婚して、インドに行ってほしいと頼まれるが、ジェーンにはロチェスターのことが気がかりであり、結婚の誘いをことわり、ロチェスター家に戻る。

ロチェスター家では精神病の奥さんが屋敷に火をつけ、火事になり、焼け跡が残っていた。ジェーンはロチェスターを探す。ロチェスターを探し当てたジェーンは彼は使用人たちを助けていて、火事の事故のため、ロチェスターは盲目になっていた。ジェーンは盲目の彼を気にせず、彼を一生愛することを誓い、お互いに愛していることを誓い、ハッピーエンドで終わるのであった。

このように、女性が自分の力を信じて、人生を切り開いていく点について、当時の社会ではありえなかったとおもいます。なので、シャーロット・ブロンテジェーン・エアは当時のイギリス社会に女性の自立として大きな影響を与えたのだと思います。

私がこのジェーン・エアを知ったのは高校のときです。たしか、英語の授業の時だったと思います。私は、この作品がなぜか気に入っています。ジェーンエアが散策する荒れ野が気に入って、いつか、イギリスに旅にいきたいなーと思っていた、高校時代でした。この作品もそうなんですが、これも、アリス・イン・ワンダーランドミア・ワシコウスカが演じています。このジェーン・エアの衣装もすごく素敵でした。19世紀の衣装は本当に素敵ですね。このジェーン・エアの映画は アカデミー賞 衣装デザイン賞 ノミネートされています。